お菓子を頂いた時のお礼ライン:親戚・友人向け例文10選

サムネイル ひとりごと
スポンサーリンク

お菓子を頂いた時のお礼ライン、どう書けばいいか迷っていませんか?

親戚や友人に感謝の気持ちを伝えるためには、丁寧で心のこもったメッセージが必要です。

本記事では、お菓子を頂いた時に使える具体的なLINE例文を10個ご紹介します!

親戚や友人に送るケースで、それぞれシチュエーションに合わせた例文をご紹介していますので、是非参考にして下さい。

この記事を書いた人
オケミン(管理人)

中高吹奏楽部、大学オケに所属し、現在は社会人オケで活動中。
アーティスト・楽団・曲などについて、自分自身の勉強や備忘も兼ねて、2023年2月に当サイトを立ち上げました。
お蕎麦と日本酒が好きです。よろしくお願いします!
★月間25万PV突破(2024年3月)

FOLLOW
スポンサーリンク

お礼LINEを書く際の基本ポイント

お菓子を頂いた時のお礼LINEの重要性

お菓子を頂いた時にお礼のLINEを送ることは、相手への感謝の気持ちを示す大切なこと!

お礼のメッセージを送ることで、頂いた物に対する感謝だけでなく、相手との関係を深める効果もあります。

okemin
okemin

特に、親戚や友人であれば、LINEで感謝を伝えるという、ちょっとした心遣いをするだけで、相手との関係を良好にすることができるでしょう。

メッセージの構成

素敵なお礼LINEを書くには、「お菓子ありがとう!」だけでは物足りないですよね。

とはいっても、どのようなことを書けば良いか悩むと思います。

そこで、お礼LINEを送る時には、以下の構成を意識するようにしましょう。

  1. 挨拶
  2. 感謝の言葉
  3. お菓子を食べた感想
  4. 今後のことなど

これらをバランスよく取り入れて書くだけで、相手に好印象を与えることができますよ!

挨拶

まずは、丁寧な挨拶から始めましょう。

仲の良い友人であれば、普段の会話で使うようなフレンドリーな挨拶でも構いませんが、少々丁寧さを心掛けることがポイントです。

また、いきなり本題よりも「こんにちは」「お元気ですか?」といった一言を添えると、相手も読みやすくなるので、まずは挨拶から始めることをオススメします。

感謝の言葉

挨拶の後に、本題であるお菓子を頂いたことへの感謝の気持ちをしっかりと伝えます。

「お菓子をありがとうございました」というシンプルな表現でも十分ですが、この後に紹介する例文のように、感謝の気持ちを具体的に述べることで、より真心が伝わりますよ。

お菓子を食べた感想

お菓子を頂いた時の気持ちや、実際に食べた感想などを書くと、メッセージに具体性が増すのでオススメです。

「〇〇のクッキー、とても美味しかったです」

「チョコレートケーキ、家族みんなで楽しみました」

このような具体的な体験談を加えると、相手も社交辞令に感じず、本当に喜んでくれているんだなと思ってもらえます。

今後のこと

最後に、相手との今後の関係を、前向きにするようなメッセージを書きましょう。

「またお会いできるのを楽しみにしています」

「今度は私が何かお持ちしますね」

このような前向きな言葉を入れると、良好な関係を築きやすく、メッセージも締まりやすくなります。

注意点

お礼LINEを書く際には、いくつかの注意点があります。

  • 丁寧な言葉遣い
  • 誤字脱字のチェック
  • 絵文字やスタンプの使い方
  • 感謝の気持ちを素直に伝える

これらを守ることで、相手により良い印象を与えることができます。

丁寧な言葉遣い

たとえ親しい間柄であったとしても、こういったメッセージを送る際は丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。

感謝の気持ちを表すためには、普段よりも少し丁寧な表現を使うことが大切です。

誤字脱字のチェック

LINEを送信する前に、必ず誤字脱字をチェックしましょう。

特に名前の誤りや、敬称の間違いには注意が必要ですし、ささいな誤字脱字があっただけでも、人によっては「急いで書いたんだな」などと悪印象になることもあります。

細かいところまで気を配ることで、相手に対する敬意が伝わります。

絵文字やスタンプの使い方

絵文字やスタンプを使うことで、メッセージに柔らかさや親しみやすさを加えることができるのでオススメです。

ただし、使い過ぎると逆効果になる場合もあるため、適度な使用を心掛けましょう。

感謝の気持ちを率直に伝える

何よりも大切なのは、感謝の気持ちを率直に伝えることです。

かしこまりすぎると、形式的なメッセージになってしまいがちですが、これでは相手も社交辞令としか受け取ってもらえません。

自分の言葉で、素直に感謝の気持ちを表現することで、相手に真心が伝わります。

相手のことを思い浮かべながら、感謝の気持ちを込めてメッセージを書くことが大切です。

okemin
okemin

これらのポイントを参考にしながら、自分らしいメッセージを送ってみてください。

感謝の気持ちが伝わることで、相手との関係もさらに深まることでしょう。

親戚へのお礼LINEの例文5選

例文1:定番の感謝メッセージ

こんにちは、おばさん。
先日は美味しいお菓子を送っていただき、ありがとうございます。
家族みんなで頂きましたが、みんな大喜びでした。
おばさんの心遣いに感謝しています。
またお会いできる日を楽しみにしています。

このメッセージは、一般的なお礼の例文です。

挨拶から始まり、お菓子を家族で楽しんだことを述べ、最後に再会を楽しみにする言葉が含まれています。

例文2:子供たちのメッセージを添える

こんにちは、〇〇叔母さん。
素敵なお菓子をありがとうございました!
特に子供たちが大喜びで、おばさんのことを「お菓子の魔法使い」と呼んでいました。
おかげで楽しいおやつの時間を過ごせました。
また近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。

この例文では、子供たちの反応を伝えることで、親戚への感謝の気持ちをより具体的に表現しています。

子供たちのメッセージは、とても嬉しく特別に感じてもらえますし、何よりメッセージがより親しみやすくなります。

例文3:感謝の気持ちを強調する

〇〇叔父さん、こんにちは。
先日は美味しいお菓子をありがとうございました。
とても心が温かくなりました。お忙しい中、お心遣いに感謝しています。
次にお会いする時は、私も何かお礼をさせていただきたいです。
お元気でお過ごしください。

この例文では、感謝の気持ちを強調しています。

忙しい中、自分たちのために贈ってくれた心遣いに感謝し、次にお会いする際にはお返しをしたいという思いを伝えています。

例文4:家族全員の感謝を伝える

こんにちは、〇〇おばあちゃん。
先日は美味しいお菓子を送っていただき、ありがとうございました。
家族全員で頂きましたが、みんな大絶賛でした。
おばあちゃんの手作りの味が懐かしくて、幸せな気持ちになりました。
また近いうちに皆で遊びに行きますね。

この例文では、家族全員がお菓子を楽しんだことを伝えています。

家族全員の思いが強調されているため、感謝の気持ちがより具体的に表現されています。

例文5:感謝と一緒に健康を気遣うメッセージ

〇〇おじいちゃん、こんにちは。
素敵なお菓子をありがとうございました!
美味しく頂きました。おじいちゃんのお心遣いに感謝しています。
お身体に気をつけて、いつまでも元気でいてくださいね。
またお会いできる日を楽しみにしています。

この例文では、感謝の気持ちとともに、相手の健康を気遣う言葉を添えています。

年配の親戚に対しては、健康を気遣うメッセージが特に喜ばれるでしょう。

友人へのお礼LINEの例文5選

例文1:長い付き合いの友人への感謝

こんにちは、〇〇くん。
先日は素敵なお菓子を送ってくれて、本当にありがとう!
長い付き合いの友人として、いつも支えてくれることに感謝しています。
このお菓子は美味しくて、とても嬉しかったよ。
また一緒に遊びに行こうね!

この例文は、長い付き合いの友人への感謝の気持ちを率直に表現しています。

長い間支えてくれた友人への感謝と、再び一緒に遊びに行ったりすることへの期待が込められています。

例文2:驚きのプレゼントに対する感謝

〇〇ちゃん、こんにちは!
昨日のお菓子のプレゼント、本当に驚いたよ!
とっても美味しかったし、嬉しかった!
こんなに素敵なプレゼントをしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいだよ。
ありがとう!次回会うのを楽しみにしてるね!

この例文は、友人からの驚きのプレゼントに対する感謝の気持ちを表現しています。

驚きと喜びが込められたメッセージは、友情を深めることにつながりますし、会話もより弾んでいくと思います。

例文3:親しい友人への温かい感謝

〇〇ちゃん、こんにちは!
先日はお菓子を送ってくれて、本当にありがとうね。
いつもこんな風に気にかけてくれて嬉しいよ。
このお菓子を食べながら、楽しい思い出を思い出して笑ってたよ!
また近いうちに一緒に遊ぼうね!

この例文は、親しい友人への温かい感謝の気持ちを伝えています。

友人との楽しい思い出を振り返りながら、今後の再会を楽しみにしている様子が伝わります。

例文4:心温まる友情への感謝

〇〇くん、こんにちは!
お菓子のプレゼント、ありがとう!
君がいるから毎日が楽しいんだよ。
このお菓子、美味しくて心が温まったよ。
いつも感謝してるよ、ありがとう!
また一緒に遊びたいな!

この例文は、心温まる友情への感謝の気持ちを表現しています。

友人との楽しい日々を支えてくれたことへの感謝と、再び一緒に遊びに行ったりすることを願う気持ちが込められています。

例文5:思いがけないサプライズへの感謝

こんにちは、〇〇ちゃん!
昨日のお菓子のサプライズ、本当に嬉しかったよ!
君の心遣いに感謝してるよ。
お菓子を食べながら、君との思い出を思い出してた。
また次のサプライズも楽しみにしてるね!ありがとう!

この例文は、思いがけないサプライズに対する感謝の気持ちを伝えています。

友人の心遣いに感謝しつつ、今後の友情を深めていくことを楽しみにしている姿が描かれています。

お礼LINEの送信タイミングとフォローアップ

お菓子を頂いた際のお礼LINEを送る際には、適切なタイミングや、送信後のフォローアップが重要です。

ここでは、お礼LINEの送信タイミングとフォローアップのポイントについて解説します。

タイミングのポイント

お菓子を頂いた時にお礼LINEを送る際には、適切なタイミングが重要です。

お菓子を受け取った直後や、実際に食べた直後など、できるだけ早くお礼を伝えることが好ましいでしょう。

早めにお礼を伝えることで、相手に自分の感謝の気持ちがしっかりと伝わり、良い印象を与えることができます。

okemin
okemin

送信するタイミングは相手の都合も考慮し、朝や夜など、相手がリラックスしてメッセージを読むことができる時間帯を選ぶことも大切です。

フォローアップのポイント

お礼LINEを送った後も、フォローアップを行うことが重要です。

ここでいうフォローアップとは、例えば、お礼LINEを送った後に、再度相手との連絡を取り、お互いの近況を報告したり、次回の再会を約束したりすること。

お菓子を頂いたというイベントを無駄にしないためにも、より良い関係を築いていくアクションを自分から起こしていきましょう。

okemin
okemin

自分語りをするよりも、相手の近況や興味を尋ねるのがオススメです!

まとめ

お菓子を頂いた時のお礼LINEの例文と書き方について詳しく解説しました。

感謝の気持ちをしっかりと伝えることで、親戚や友人との関係がより深まります。

本記事を参考に、素敵なお礼LINEを送ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました